医薬品の個人輸入について

個人輸入代行サービスの仕組み

個人輸入代行サービスの多くは、ふつうに通販するのと変わらない手間で身近では売っていない外国製の商品を個人的に輸入することができます。
インターネットで欲しい商品を選んで、数量、お届け先、お支払い方法を決めて注文するだけです。個人輸入にかかる言葉の問題も、仕入れのやりとりも、配送の手配も、いずれも代行サービスが行いますので心配いりません。

輸入する本人が使用する用途に限って医薬品の個人輸入は認められています。

日本国内においては、厚生労働省が個人が使用する目的で医薬品を個人輸入することを認めています。
日本製品以外の医薬品を購入することは日本の法律に違反しません。ですが、個人が使用する用途に限って医薬品の個人輸入は認められていますので、他人に売ったり(転売)譲ったり(譲渡)することは禁止されています。
医薬品の個人輸入は、使用する本人が自分用に購入する場合に限って認められていると認識しましょう。

一般的な通販サイトと違って商品がお手元に届くまでに少し時間がかかります。

個人輸入という購入方法の性質上、注文からお届けまでに7日前後かかります。
個人輸入では、注文を受けてから商品の購入を代行して行いますので、受注してすぐにお届けというわけにはいかないためです。
個人輸入代行サイトでは、あらかじめ取扱い商品の在庫があることを確認して、注文可能な商品として掲載していますが、実際に手元に在庫があるわけではございません。ご注文を頂いてから、お客様に代わって商品を輸入する手続きを致しますので、どうしてもお届けまでに日数がかかってしまいます。この点において、商品の在庫を持っている店舗から直接購入できる通販サイトと異なります。

数量はいくつから注文できるの?

基本的には、ドラッグストアなどの店舗販売と同様に1箱からのご購入・ご注文となります。1錠だけという注文ではなく、1箱(4錠入)といった箱単位でのご注文となります。シートに入っている商品であれば、1シートからのご注文となります。ひと箱あたりの入り数は、商品によって異なります。

手数料や送料はかかるの?

当サイトをご利用の場合、手数料は一切かかりません。お買い上げ金額の合計が7,000円以上で送料は無料となります。注文の合計が7,000円未満の場合、送料として700円がかかります。

荷物はどんな状態で届くの?

ご注文して頂いた商品は、梱包用の箱に入った状態でお届けします。梱包の表面には英語表記でHealth productsなどが記載されています。発送元によって記載される文言は異なりますが、お客様のプライバシーを考慮して、詳細な商品名称が梱包に表記されることはありません。

医薬品の個人輸入で気をつけること

麻薬、覚醒剤のように流通そのものが禁止されている薬品を注文することはできません。

養毛剤、ドリンク剤など、医薬部外品とみなされている商品でも、個人輸入の場合には医薬品と同等の扱いとなります。
サプリメントとして販売されている商品も、医薬品成分が含まれている場合や、医薬品としての効果が標ぼうされている場合は、医薬品に該当することがあります。これらをご注文頂くことは可能ですが、いずれの医薬品も使用する前に必ず注意事項などを確認してください。

購入する前に、薬のことをよく調べておきましょう。

どんなに優れた薬でも、正しい使い方をすることが大事です。
使用上の注意事項、合わせて使ってはいけない薬品、副作用、使い方などをよく調べてから購入を検討しましょう。
医薬品のなかには、使用にあたって注意が必要な人、使ってはいけない人などが決められているものもあります。使用制限の対象にご自身が該当しないか、よく確認をしましょう。
当サイトでは、ご購入前にそれぞれの薬についてご理解頂けるよう、薬品に関する情報を掲載しています。ご注文される前に必ずお読みください。

なかには偽物や粗悪品を扱う業者も…。

当サイトでは正規品のみをお客様にお届けできるよう細心の注意をもって商品を取り扱っておりますが、個人輸入代行サービスでは、偽物や粗悪品を扱っている悪質な業者も存在します。出来の悪い偽物であれば、パッケージ写真から判断することもできますが、写真だけが本物という場合もございますので、ご利用前に代行サイトの評判を調べることをおすすめ致します。